卒業生活動紹介

仙台一高卒業生の出版、講演、公演等の活動を紹介する記事

卒業生活動紹介

第9回仙台一中一高OB美術展

3月26日更新:新型コロナウイルスの拡大に伴い今年8月に延期となりました。 恒例となりました美術部を中心としたOBによる展覧会が今年も開催されます。東京同窓会のメンバーも多数出品します。ぜひご鑑賞ください。
卒業生活動紹介

武田会長『サンデー毎日』の対談に登場

東京同窓会の武田信平会長が、3月31日(火)発売の週刊誌『サンデー毎日』(4月12日号 毎日新聞出版発行)の連載対談「阿木燿子の艶もたけなわ」に登場します。
卒業生活動紹介

百足 光生氏(高20回)『荷風と戦争』出版

百足光生氏の新著『荷風と戦争~断腸亭日常に残された戦時下の東京』(図書刊行会 定価 本体3,600円)が出版されました。下は版元の解説文です。なお同氏は5月14日開催予定の「MM会」(畠山茂樹氏・高16回が主催する勉強会)で講師を務めます...
卒業生活動紹介

佐伯一麦氏(高30回)芸術選奨受賞

小説家・佐伯一麦氏(高30回)が文化庁主催の令和元年度(第70回)芸術選奨文部科学大臣賞を受賞しました(文学部門)。
卒業生活動紹介

赤間 学氏(高20回)の句集『福島』各種メディアで取り上げられる

宮城県俳句協会常任理事の赤間学氏(高20回)の第一句集『福島』が各方面から高い評価を受け、朝日新聞、毎日新聞等メディアで盛んに取り上げられています。
卒業生活動紹介

細谷暁夫氏(高17回)の論考『現代思想』に掲載

物理学者の細谷暁夫氏(高17回)の論考『量子計算を哲学してみる』が雑誌『現代思想』(青土社)2月号の「量子コンピューター」特集号に掲載されています。
タイトルとURLをコピーしました